ペイメント事業

あなたのお店でWeChat決済が可能に!!
全国500店舗以上で導入
中国人ユーザー約5億人が使う、「スマホ決済機能」が
インバウンドを加速させる
!!

 

WeChat Payment(微新支付)はWeChat(微信)の決済機能。

中国では、メッセージアプリのWeChatユーザはWeChat内に自分の銀行口座を登録して、
買い物や公共料金の支払いに、レストランでの割り勘時などさまざまな場面でお財布として利用しています。

中国国内では、全国30万店舗以上で利用が可能となっており(2015年11月末時)、
安全な電子決済が毎日行われています。

日本では飲食店や、百貨店や大規模ディスカウントストア、ショッピングセンターやドラッグストアをはじめ、
すでに500店舗以上で中国人旅行者の買い物・決済手段として対応済み。
中国人にも日本での普及に対する認知が広がっています。

 

WeChat Payment導入の3つのメリット

中国人訪日旅行者の購買意欲の喚起

中国でのWechat利用者は約10億人で、そのうち4億人がWechatを利用している。
お財布を持つ必要がなくなる利便性や、「ユーザー手数料負担がない」利便性を背景に、
中国国内でシェアを急速拡大中!

店舗に導入することで、現金をあまり持たない(現金やクレジットカードの利用の上限が限られている)
中国人観光客にとって大きな消費のフックとなっています。

 

簡単な決済サービスの提供

店舗側はiPadやiPhoneなどのios端末を利用し、決済金額を入力、
利用客が提示した銀行口座と連動したQRコードを読み込むだけで決済を完了することが可能。
デビッド決済のため、その場でお客様の口座からお金が引き落とされるのも安心のポイントです
(加盟店の口座への入金はまとめて行います)。

日々の売上は、PCからも確認していただけます。

 

 

 

ユーザー管理・集客の一元化

Wechat Paymentで決済を行ったユーザーに対し、Wechat内に設けた店舗サイトへ自動で誘導することが可能。
これにより、店舗会員の登録を促したり、販促の為のプロモーション情報をダイレクトに送ることができ、ユーザー情報からマーケティングに利用することも可能です。